名古屋 一社 名古屋を代表する、美味しいスペシャルティコーヒー専門店!

この記事をシェアする
Pocket

コーヒー好きならば、

“スペシャルティーコーヒー”という言葉を

耳にした事があるのではないでしょうか?

豆の品種から産地、農園、生産者の背景までを明確にし、

その多くは「シングルオリジン」(単一品種)で楽しめます。

今回は名古屋を代表する

スペシャルティコーヒー専門店のご紹介です。




「Coffee Kajita」

地下鉄東山線一社駅界隈は

閑静な住宅地で、オシャレなカフェやパン屋が多い。

そんな街に溶け込む

名古屋を代表するコーヒー専門店が今回のご紹介です。

喫茶店文化が古くから根付いている名古屋。

現在の呼び方で言う純喫茶にはじまり、

「コメダ珈琲店」「コンパル」さんといった店舗が

その文化を継承してきました。

関連記事↓↓↓

#フードメ/グルメwebマガジン
1970.01.01
#フードメ/グルメwebマガジン
https://foodmation2018.com/2020/04/30/post-2938/

現在ではコーヒー文化も多岐に渡っていて、

定着しつつある「スペシャルティーコーヒー」

提供する店舗が右肩上がりで増えつつあります。

「コーヒーカジタ」さんの雰囲気

名古屋を代表するコーヒー専門店「コーヒーカジタ」さんは、

いち早くスペシャルティーコーヒーの提供をはじめ、

名古屋人から圧倒的な支持を受けています。

夫婦で営まれているコーヒー専門店で、

内装はとにかくシンプル。

しかしそれは、コーヒーに対しての

絶対的な自信があるからこそと感じています。

10席あるカウンターを目掛けて

営業日になれば行列が絶えません。

テイクアウトも充実しており、

夫婦でコーヒーとスイーツを分業されています。

営業日が土~月が中心の為、訪れる際はとにかくご注意を。

イートインを利用すると、

まず初めにご主人である梶田氏の

圧巻のパフォーマンスに見とれてます。

「コーヒーカジタ」さんのドリップ技術

「コーヒーを美味しく淹れるには、お湯を置くように注ぐ」

という予備知識をなんとか兼ね備えていましたたが、まさに圧巻。

一滴ずつゆっくりと時間をかけて

抽出していくテクニックは衝撃的!

注ぐのではなく、完全にお湯を置くという作業です。

「お湯は点滴の様にしずく状にゆっくりと落とし、次第に太くしていくことで

豆の旨み成分だけが抽出できますよ」

※ご主人である梶田氏のコメントより抜粋

コーヒーはブレンドからシングルオリジンが常時数種類頂け、

初めて訪れた際は「LCFマンデリン」をオーダー。



LCFとは「リーディングコーヒーファミリー」の略で

世界各国の農園から直接生豆を購入したり、

豆の品質向上に努めて活動する団体。

ご主人である梶田氏も会員だそうです。

新豆★インドネシア スマトラ オナンガンジャン フレンチロースト 200g|LCF Mandhering|INDONESIA|LCFマンデリン|マンデリン|深煎り|ストロング|【組み合わせ自由!コーヒー豆800g以上ご注文で送料無料】

価格:1,620円
(2020/7/14 15:09時点)
感想(3件)

2004年のオープンから、現在は出張喫茶で全国も飛び回っている梶田氏。

県外からもコーヒーファンなら一度、

直接店舗に足を運びそのテクニックに魅了されて下さい。

「Coffee Kajita 」

「コーヒーカジタ」さんの食べログはこちら

関連ランキング:コーヒー専門店 | 一社駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:1000円〜2000円程度

住所:愛知県名古屋市名東区高社1-229

交通手段:一社駅 徒歩約3分

web:http://www.coffeekajita.com/

TEL:052-775-5554

営業時間:11:00~19:00 イートインは18:30迄

定休日:火曜日、水曜日、木曜日、金曜日+α(ホームページカレンダー参照)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする