岐阜市 鮎料理の専門店「川原町 泉屋」がランチ・ディナーにおすすめ   

¥6,000〜¥9,000
この記事をシェアする
Pocket

鮎の産地として名高い岐阜 長良川。川沿いの”川原町”は古い町並みが趣きを感じますが、その一角にある鮎料理の専門店「川原町 泉屋」さんがおすすめです!天然の鮎を紀州備長炭で火入れした鮎の塩焼きが美味しい♪

 

「川原町 泉屋」

 

 

場所は?

 

「川原町 泉屋」さんが店舗を構える場所は、岐阜駅から岐阜バス市内ループ線(左回り)に乗車「材木町」下車徒歩2分。

駐車場は?

お店の前に4台、裏側にも多数ご用意があります。

岐阜市内でおすすめの鮎料理専門店

夏を味わう食材として人気なのが「鮎」ですね!岐阜市内を流れる”長良川”は、全国でも有数の鮎の産地として高い人気を誇ります。秋頃までは鵜飼が楽しめて、県外から伝統芸を楽しみに多くの観光客が岐阜市内へと訪れます。今回は鮎料理が楽しめる専門店「川原町 泉屋」さんへ初めてお伺いさせて頂きました!

”古い町並み”として趣きある人気スポット「川原町」の一角にお店があって、ここ「川原町 泉屋」さんも趣きを感じる一軒家。明治2年創業の「泉屋物産展」から続く鮎料理の専門店だそうです!季節を感じながら¥6930(税込)のコースをディナータイムで楽しみました♪ディナータイムは17:00オープンです。

 

関連記事↓↓↓

 

●前菜盛り合わせ

まずは前菜盛り合わせからスタート!野菜のマリネや子持ち鮎・天然鮎のなれずし、鮎の骨を砕いたグリッシーニ。なれずしは魚を乳酸発酵させたもので、酢飯を使わず発酵で酸味が生じ、鮨の原型とも言われています。お酒のアテにはピッタリな味わいです♪

 

 

●焼鮎の笹巻き寿し

 

 

●鮎のリエット・白熟クリームと季節野菜のサラダ

左側がサワークリームの酸味、右側がうるかのほのかな苦味を感じる鮎のリエット、こちらもお酒によく合いそうな一品です。

長良川産 天然鮎の塩焼きがおすすめ

 

●炭火焼・天然鮎塩焼き





いよいよメインディッシュ!鮎の塩焼きが登場!

天然物の鮎、この日は長良川郡上の鮎を頂きました♪紀州備長炭でじっくりと中心部まで熱が入っているので、頭から全て食べれます!間違いない美味しさ。

 

 

●炭火焼・鮎うるか焼(養殖鮎)

2匹目の鮎は養殖。うるか焼で頂けるのも鮎の専門店ならでは。ちなみに”うるか”とはハラワタの部分です。表面の3年味醂で照りが加わり、うるかの苦味と味醂の甘みが絶妙。添えられている飛騨山椒がアクセントになっています。

 

 

●若鮎と季節野菜の天ぷら(アユ山椒塩)

アユ山椒塩という香り高い珍しいお塩で頂く、揚げたての天ぷら。若鮎もとっても香ばしい!

 

 

●天然鮎ぞうすい(小)

シメは鮎ぞうすい、又は料金をプラスして鮎ラーメンのどちらかをチョイスします。今回はぞうすいで!鮎のお出汁が強くてとっても優しいお味。生姜のアクセントもいいです。


店内にはお土産スペースもあって、ご紹介した”なれずし”や”リエット”などがパッケージされてお持ち帰りも可能です!

鮎料理と合わせて鵜飼を楽しむとおすすめ

「川原町 泉屋」さんは鵜飼の船の発着場からも近いので、少し早めの食事を済ませてその後鵜飼を楽しむのがおすすめ!鵜飼の船は19:15発が最終です。

鵜飼の詳しいホームページはこちら→https://www.ukai-gifucity.jp/ukai/

「川原町 泉屋」さんの予約はこちら

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 田神駅名鉄岐阜駅岐阜駅

1人当たりの予算と店舗情報

屋号:川原町 泉屋

予算:(昼)¥2000〜¥3000程度 (夜)¥4000〜5000程度

住所:岐阜県岐阜市元浜町20

交通手段:岐阜駅からバス 材木町バス停から徒歩2分

web:http://www.nagaragawa.com/

TEL:058ー263ー6788

営業時間:鵜飼開催期間中 11:30〜14:30 17:00〜20:30

オフシーズン 11:30〜14:00 17:00〜19:30

定休日:水曜日(7、8月は無休・2月は完全休業)



タイトルとURLをコピーしました