東京 南青山 炭火で火入れした熊本の天然鮎とジビエ!囲炉裏を囲む人気店。

¥9,000〜
この記事をシェアする
Pocket

東京 南青山という立地で囲炉裏を囲みながら

炭火で火入れをする天然の鮎や、

ジビエが楽しめる店舗が存在します。

そのたっぷりの風情が南青山という事を

忘れさせてくれそうです♪




「たでの葉」

夏が訪れるたび、

「鮎」を一度は食べたいと思う様になりました。

東京 南青山ではこの「鮎」の魅力を再認識できる

炉端焼き専門店が存在するのです。

その名も「たでの葉」さん。

 

関連記事↓↓↓

「たでの葉」さんの雰囲気

 

東京のど真ん中、南青山という立地。

木目を基調とした風情溢れる店内、

囲炉裏を囲んだカウンター席が全13席。

南青山という事を忘れさせてくれる様な、心安らぐ空間が広がります。

 

 

店主の「小鶴清史」さんは、

地元でもある熊本県川辺川産の天然鮎を提供できる場所として、

2017年にここを開業。ジビエの知識も大変豊富です!

「たでの葉」さんのメニュー

お料理はおまかせコース1本。¥13000+tax

(価格は仕入れ状況によって変わります)

 

「たでの葉」さんの鮎料理

鮎の水分量まで計算しながら、最高の旨味と食感へ仕上げるまでに

約50分かけて火入れを行い、まずは「鮎の塩焼き」を楽しみます!

 

 

頭から豪快にかぶりつきます!!

表面のパリッと香ばしい食感と、ふっくらと仕上がる中心部の

コントラストが素晴らしい♪

 

 

鮮度の良さを実感できる「鮎のお造り」

肝醤油で味わいます。

モチっとした食感が印象的です。

 

 

鮎の内臓や子を塩漬けにした珍味「うるか」

2種類で楽しみました!

1枚目は子うるかで、明太子にも似た味わい。

2枚目は苦うるか。クセや苦味は圧倒的に強く、

個性の強いお酒との相性が良さそうですね!

 

 

そして最後には「鮎ごはん」

鮎のお出汁がきいた優しい味付け。

おかわりでは、出汁茶漬け風にして!

 

 

鮎の骨でとったお出汁を注いで、余す事なく鮎の旨味が味わえる

最高の出汁茶漬けですね!

「たでの葉」さんのジビエ

ここまでコースのメイン食材「鮎」をご紹介しました。

コースの合間には「鮎」の他にも

厳選した川魚やジビエが織り込まれています。

 

 

何度もタレにつけて焼き上げていたお肉、一体何だろう?

と思いながら眺めていましたが「スッポン」でした!

 

 

歯応えと絶妙に水分を含みジューシーに仕上がった「スッポン」

スッポンのお肉をここまで味わったのは初でしたので、

とても価値を感じるお料理です。

 

 

「天然山女魚の南蛮漬け」

 

 

「天然山女魚の白焼き」

 

天然の山女魚(ヤマメ)は南蛮漬けと白焼きで!

山女魚は鮎に比べ身がパサつきやすい様で、

火入れ具合を絶妙に調整。

 

 

「川辺川産 天然鰻」

 

炭火の魅力がダイレクトに感じれるのが鰻です!

表面は焦げ目が付くまでじっくりと火入れを行い、

粗めの山椒がアクセント。

余分な水分が出ない為、キリッと仕上がるのが特徴です♪

食感もふんわりして絶品でした。

 

 

終盤に登場したのが「熊肉の鍋」

 

熊の胃袋でお出汁を取り、

程よく脂が乗る熊肉は全くクセがありません!

 

「鮎」や「ジビエ」以外にも季節の食材を楽しみました♪

コースの皮切りでは季節の盛り合わせ!

 

 

見た目にも美しい盛り合わせは、

とうもろこし・イチジク・焼きナス・冬瓜・汲み上げ湯葉・万願寺唐辛子

ブロッコリー・小芋・帆立と言った食材を

細かな仕事を施して振る舞って頂けます。

 

アルコールもビール・日本酒・そしてワインがとても豊富!

日本のシャルドネやピノ・ノワールで。

 



「鮎」や「ジビエ」が本格的に頂ける店舗は

岐阜の「柳家」さん、滋賀の「比良山荘」さんなどが挙げられますが、

東京のど真ん中でこのパフォーマンスを実現されている事に

とても価値を感じますね!

食材の魅力を知って欲しいという

店主の素直な想いが詰まっています♪

 

 

「たでの葉」

「たでの葉」さんの予約はこちら

※完全予約制

予約専用サイトOMAKASE→https://omakase.in/ja/r/bc249956

関連ランキング:炭火焼き | 外苑前駅表参道駅青山一丁目駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:15000円〜20000円程度

住所:東京都港区南青山3−2−3ダイアンクレストビル2F

交通手段:外苑前駅から徒歩4分

web:https://youtu.be/Ec4PsgRWTXA

表参道駅から徒歩8分

TEL:03ー6884ー0612

営業時間:毎日開始時間が異なります

定休日:基本日祝定休




タイトルとURLをコピーしました