高岳 コースではなく美味しいアラカルトが魅力!和食のおすすめ「割烹ほその」

¥9,000〜
この記事をシェアする
Pocket

予算もカジュアルな本格和食が名古屋 高岳にはあります。高岳は市内随一の美食エリアとなりつつありますが「純粋に料理が楽しみたい」と言う方には、1万円程度の予算でコースではなくアラカルトで楽しめる「割烹ほその」さんがおすすめです!




「割烹 ほその」

 

場所は?

 

「割烹ほその」さんが店舗を構える場所は、地下鉄高岳駅から徒歩約1分。

駐車場は?

店舗専用の駐車場はありません、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

 

名古屋 高岳はハイセンスな街と言うイメージが定着。多くの名店がこのエリアへ開業、そして移転されていて、飲食のカテゴリーでは間違いなくトレンドと言えるでしょう!いち早く高岳エリアの人気和食店として名を馳せ、多くの常連さんを迎え入れている「割烹 ほその」さんへお伺いする事ができました。

関連記事↓↓↓

 

地下鉄桜通線 高岳駅2番出口を出てすぐの路地へ入ると到着!

グレーが基調でシックな外観は、ハイセンスな高岳エリアを象徴するかのよう!

大将は大阪で長年研鑽を積まれ、その大半をミシュラン一つ星を獲得する名店で過ごされたそうです。大阪割烹が料理のベース。高級店には目もくれず、本当に美味しい料理だけで勝負するスタイルにとことんこだわっているのです!とっても共感できます♪

コースではなくアラカルトでカジュアルに楽しむ割烹

 

好きなものだけカジュアルに楽しんで貰いたいと料理はアラカルトが基本。自分で食べたいものをイメージしながら、料理をオーダーしていくところにアラカルトの価値があると思います。

 

●お通し

スナップエンドウのシャキシャキ食感、味噌と合わせてシンプルに素材を楽しみます。

 

●造り盛り合わせ

彩りや盛り付けだけでなくアオリイカには隠し包丁を入れ、サヨリはシソと合わせる。細かな仕事が素晴らしいです!

料理を一段昇華させる技法は多く、例えば”熟成”

大将は熟成させる事が一概に良しとはせず、最も素材を活かす食材の状態を見極める事を大切とされている様です。

 

●里芋・カニあんかけ

「割烹 ほその」さんではお出汁にまぐろ節を使用されているそうで、旨味の中にも良い意味での複雑さ、奥行きとも言い換えれるでしょうか。里芋をサッと揚げて、お出汁がきいた蟹あんかけと絡ませる。これは大将の代表料理と言えます!

 

●からすみ

大将オススメの日本酒とのペアリングを楽しみました♪お酒も入り、大将とのグルメトークは盛り上がるばかり!

 

●タラ白子しょうゆ焼

ここから大将オススメの2品をご紹介!まずは”白子”

茶色くコーティングされた食欲をそそる仕上げ。ふわっと香る醤油の香ばしさと、白子のクリーミーさを楽しみます♪日本酒にも好相性で文句なしに美味しい!

 

●かきバター焼

大将のオススメ2品目!大振りな牡蠣が3つ。手を加えすぎず、バター焼きで素材をシンプルに楽しむ一品。口の中にジュワッと広がる旨味は至福の時。

名物”ビーフカツ”が絶品

 

●ビーフカツ

必ず頂くと決めていたので、大将へ事前にオーダー。大将オススメの魚介を2品頂き、万全のコンディション!笑

本当に「茶色は正義」大将もお店のスペシャリテと位置づけているアラカルトです。



まず茶色がかったソース、少しだけ中身をお話するとベシャメルソースをベースにケチャップを加えて茶色がかったソースに仕上がります。この他にも数々の食材が加わっているのですが、これは実際に食べて想像を膨らませて欲しいです。



アラカルトをいくつかご紹介しましたが、この他にも気になるものばかり!エンターテインメントではなく

 

〜シンプルに料理を美味しく味わって欲しい〜

 

と言う大将の料理哲学が、随所に伺える時間です。

「割烹 ほその」さんの予約はこちら

関連ランキング:割烹・小料理 | 高岳駅新栄町駅久屋大通駅

1人当りの予算と店舗情報

屋号:割烹ほその

予算:¥10000円程度

住所:愛知県名古屋市東区泉2−28ー12 アクセス泉1A

交通手段:地下鉄高岳駅 徒歩約1分

TEL:052ー932ー7457

営業時間:17:00〜22:00

定休日:月曜日 月1回不定休




タイトルとURLをコピーしました