名古屋 栄 ランチのコスパが最高!京料理が楽しめる隠れ家的和食。

¥1,000〜¥3,000
この記事をシェアする
Pocket

本格和食は予算も高く、敷居が高いイメージありませんか?

しかし!!ランチならば

¥2000〜¥3000程度で実は楽しめる。

名古屋の中心地「栄」で頂ける、

本格的な京料理のお値打ちランチをご紹介します!




「花見小路」

 

今回ご紹介する「花見小路」さんは

名古屋の中心地「」にある人気の京料理専門店。

祇園のメインストリートから名付けられた屋号

ランチ・ディナーのコースには、それぞれ「南禅寺」や「大徳寺」と言った

京都に実在するお寺から名付けられ、

雰囲気から京都を味わえます♪

 

ご紹介するのは3月のランチコース

「南禅寺 ¥2600(税込)」

 

ディナータイムならば¥10000程の予算でも、

ランチタイムなら気軽に楽しめるから嬉しいですね!

 

関連記事↓↓↓

本格京料理のコースがカジュアルな価格で味わえる

 

●造り

 

鯛と縞鯵(しまあじ)

どちらもシメてあって、ポン酢で頂きました!

白身の淡白さともっちり感が抜群に良いです。

 

 

●鯛の桜蒸し

 

3月の季節のお碗は、

春の代名詞「桜」をイメージさせてくれる

ピンクと鮮やかな緑が美しい!

鯛の柔らかな身で仕上げた桜餅と、

それを包み込むやさしい餡が特徴です。

 

 

●サーモンの田楽焼き


脂が乗ったサーモンに、

地元愛知の食材「八丁味噌」を合わせました。

ここで八丁味噌について少し触れてみましょう!

 

「愛知県岡崎市で生産される味噌で、かつての八丁村から名付けられたとされる。

岡崎城から八町(約800m)離れていた事に由来。

一般的な味噌は麹を加えられて製造するが、八丁味噌は麹を加えず大豆を麹にしている。

その分長い年月をかけ製造される為、濃厚な旨みがある。」

優しい味のお出汁を活かしたお料理

 

●白魚の卵とじ

 

写真でも分かる程、熱々の鉄鍋で登場します。

3月が最も旬と言われる白魚。

京風のお出汁に卵を投入して、優しさ溢れる一品!

 

 

●お食事

 

旬の「筍ご飯」「浅利の赤出し」

筍の旨みを邪魔しない繊細な味付けは、

素材の美味しさを最大限に楽しむという

京料理本来の楽しみ方♪

 

店内は器が美術館の様に並び、

器がお料理をしっかり引き立てています。



お出汁をしっかりとり、優しい味付けが特徴の京料理。

京都で修行をされたというご主人は、

そのお人柄がとにかく素敵です。

優しさに溢れ、心安らぐ時間が過ごせます♪

 

 

「花見小路」

「花見小路」さんの予約はこちら

関連ランキング:割烹・小料理 | 矢場町駅栄駅(名古屋)栄町駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:(昼)2000円〜3000円程度

(夜)10000円〜15000円程度

住所:愛知県名古屋市中区栄5-21-2 浅井コーポ 1F

交通手段:地下鉄矢場町駅 徒歩約5分

TEL:052-238-5270

営業時間:(月~金)11:30~13:30 18:00~22:00

(土)18:00~22:00

定休日:日曜・祝日




タイトルとURLをコピーしました