那古野 古民家で美味しい和食ランチが頂ける「懐韻(なつね)」がおすすめ

¥3,000〜¥6,000
この記事をシェアする
Pocket

名古屋の美食エリア”那古野”は古くからある町家が立ち並び、江戸時代末期に建てられた蔵を改装したと言う「懐韻なつね」さんでは、季節のお野菜の特徴を活かした和食ランチを楽しむ事ができておすすめです!




「懐韻-なつね-

 

場所は?

 

「懐韻(なつね)」さんが店舗を構える場所は、地下鉄国際センター駅から徒歩10分。

駐車場は?

店舗専用の駐車場はありません、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

 

情緒あふれる古い街並みが素敵な那古野。蔵や町家が立ち並ぶ景観は名古屋にいることを忘れてしまいそうです♪名古屋駅からも徒歩圏内、国際センター駅2番出口より徒歩10分の所にある「懐韻(なつね)」さんは、築150年以上の蔵を改装した日本料理店です。

 

「懐かしい韻(響き)韻(趣)を懐に…」


という思いで名付けられた懐韻さん。素敵ですね♪

関連記事↓↓↓

 

「懐韻なつね」さんのinstagram

 

この投稿をInstagramで見る

懐韻(@natsune1_2_11)がシェアした投稿

 

築150年以上の蔵を改装した佇まい

 

暖簾をくぐり石段を上がると左手に懐韻さんがあります。入り口の雰囲気から歴史を感じ、石段から続くこの佇まい、たまらなく好きです♪

玄関の奥にカウンター席、テーブル席、左手に和室のテーブル席があります。店内にも蔵の一部がそのまま残され趣きを感じますね!

今回は和室に案内していただきました!昼膳¥2750(税込)をいただきます。

季節のお野菜がたっぷり味わえるランチの「昼膳」

 

●先付け わけぎと海老のゼリー寄せ

とても上品で海老の香りを楽しめるゼリー寄せ。

 

●八寸

「懐韻」さんを象徴する、たっぷりのお野菜を使用した彩りが素敵な八寸です。

1番上の真ん中から時計回りに、胡桃の飴煮、人参と鮭フレークのあえ物、煮物はさつま芋のレモン煮、こんにゃく、高野豆腐、よもぎ麩、かぼちゃ、信田巻き、うずらの卵とホタテの燻製、鶏ハムの春菊ソース、赤大豆と雑魚の飴煮、青菜のお浸し。

 

これだけ多くの食材を綺麗にまとめ上げ、丁寧なお仕事がとっても素晴らしいです!胡桃の飴煮の甘さ、シンプルに素材の美味しさを活かした煮物など一つひとつ味わいながらいただきました。

 

●蒸し物 じゃがいもの饅頭

饅頭の中は鶏肉のお団子。モチモチとした食感の饅頭と優しい味のお出汁がとても美味しい!

 

●焼物 鮭のねぎ味噌焼き

甘辛いねぎ味噌が鮭と相性抜群で、ご飯が進みます。このねぎ味噌、また食べたくなります♪

 

●黒豆ご飯と香の物、留椀

黒豆ご飯は黒豆のほのかな香りとほっこり感を味わえます。

 

●黒ゴマきなこのアイスクリーム

黒ゴマときなこの風味たっぷりのアイスクリーム。他に、酒粕、キャラメルパンプキン、チョコ&コーヒーから選択できました。コースが終わるまで、終始ワクワクしながらお料理が楽しめます!

2階ではアートが楽しめる

 

2階には、陶器が展示がされ、お料理以外でも日本の文化に触れる事ができます。

店内には至る所にアートな装飾が施されていてとっても素敵。

出張料理のサービスでご自宅でも楽しめる

「懐韻なつね」さんでは個人宅や会場での出張料理サービスも行っています。¥7500程度の予算から人数は8〜20名様程。お気軽に相談できるとの事です!ノスタルジックな空間と装飾、美味しいお料理、全てに満足できた懐韻さんのご紹介でした!

「懐韻」さんの予約はこちら

関連ランキング:割烹・小料理 | 丸の内駅国際センター駅浅間町駅

1人当りの予算と店舗情報

屋号:懐韻(なつね)

予算:(昼)¥3000〜¥4000程度

(夜)¥6000〜¥8000程度

住所:愛知県名古屋市西区那古野1−2−11

交通手段:地下鉄国際センター駅 徒歩10分

web:http://www.natsu-ne.com/

TEL:050ー5595ー3214

営業時間:(昼)11:30〜14:00(L.O)13:30

(夜)17:30〜22:00(L.O)20:30

定休日:月・火休み




タイトルとURLをコピーしました