祇園 美味しい鯖寿司を食べるなら人気のカジュアル和食「宝来」さん!

¥6,000〜¥9,000
この記事をシェアする
Pocket

京都へ訪れたら”鯖寿司”を食べたいという方、きっと多いはず!

テイクアウトもいいんだけど、せっかくなら和食屋さんでお料理の締めで。

という訳で、京都に数多くある和食屋さんの中でも”鯖寿司”の評判が良い

「わしょく宝来」さんをご紹介したいと思います。

 

「わしょく宝来」

 

お店の場所は?

 

「わしょく宝来」さんが店舗を構える場所は祇園の北側エリア。

知恩院という立派なお寺のちょうど真向かい辺りです。八坂神社からも徒歩5分圏内という立地。

駐車場は?

店舗専用の駐車場はありませんので、

近隣のコインパーキングをご利用下さい。

「わしょく宝来」さんの雰囲気

 

大将を囲む全9席あるカウンターをメインに、4席テーブルがひとつ。4席の掘りごたつ席がひとつあります。何度もお伺いしていますが、リピーターさんがとにかく多い!

お料理が美味しいのは勿論ですが、居心地の良さもリピートしたくなる要因です。

メニューは?

 

前菜・お造り・焼きもの、と言った具合に一品ずつチョイスしていくとコースの様に楽しめるのではないでしょうか♪平仮名を多く織り交ぜて、優しい雰囲気のあるお品書きは京都の美しさを感じます。

「わしょく宝来」さんのお料理

 

●お通し

お通しはファーストオーダーに合わせてセレクトして頂けます。この日は”茄子のすり流し”

茄子の甘みをたっぷり味わえて、とっても優しい味。

 

●前菜

前菜メニューから”渡り蟹”を頂きました!ギュッとすだちを絞ると蟹の甘みを感じ、豪快に味噌が乗っていて、蟹の魅力をダイレクトに味わえます。

関連記事↓↓↓

 

●お造り

お造りからは”鰤”をチョイス。たっぷり脂が乗る鰤は、おろしポン酢でサッパリと。

生わさびをアクセントに、舌で脂が溶けていく感覚を味わえます!

 

●からすみもち

シンプルなおつまみですが、京都の食文化を象徴する一品です。からすみに良く合う日本酒を大将へリクエストしました♪合わせて頂いた日本酒は、宮城県 平孝酒造の”日高見”

「魚介に合う日本酒」をテーマに造られた銘柄で、和食店で見かける事が増えている人気の日本酒。

やわらかく、透明感があってキレの良い後味は、魚介の旨味を更に引き出します♪

 

 

これは美味しい!スーパーで購入したお刺身と合わせてみようかな♪

日高見(ひたかみ)超辛口純米酒 1800ml[■]

価格:2,750円
(2020/7/17 13:58時点)
感想(0件)

●お碗

秋にお伺いした時のお椀は”鱧と松茸”でした!ちいさな秋が詰まっていますね!

お椀の美しいビジュアルと香りを、たっぷり味わいました。

名物の”鯖寿司”を頂いてみた!

 

●さば寿司

”鯖寿司”は有名な京料理のひとつ。京都では古くから祭りなどの「ハレ」の日に作られる事が多かったそうです。冷蔵庫の無い時代の先人の知恵で、お酢で鯖の保存性を高めた素晴らしい食文化は現在まで継承されています。「わしょく宝来」さんの鯖寿司はよく見かける棒寿司の様なギュッとした感じではなくて、シャリもふわっと解けていきます・・

鯖のシメ具合もきつくなくて、柔らかい食感!この鯖寿司は本当に美味しいです♪

「わしょく宝来」さんでは、大将が厳選する旬の食材を、

少しの仕事を加えてシンプルに楽しめます。

素材の美味しさをダイレクトに味わえる事が1番の贅沢なのかもしれません。

京都へ訪れる機会があれば、事前予約をしてぜひお伺いして欲しいです!

「わしょく宝来」さんの予約はこちら

電話にて事前予約がオススメ、当日でも席の空き状況で入店可能。

わしょく宝来

関連ランキング:割烹・小料理 | 東山駅三条京阪駅祇園四条駅

1人当りの予算と店舗情報

屋号:わしょく宝来

住所:京都府京都市東山区東大路通新橋上る林下町438

交通手段:地下鉄東西線 東山駅から徒歩約7分

TEL:075−561−2834

営業時間:17:00〜23:00(L.O22:00)

定休日:日曜 月2回不定休

予算:¥8000〜¥10000程度




タイトルとURLをコピーしました