鎌倉 おしゃれな古民家で味わう絶品の中華料理「イチリンハナレ」

¥6,000〜¥9,000
この記事をシェアする
Pocket

鎌倉の古民家で中華料理が楽しめる「イチリンハナレ」さんがおすすめです!和食やフレンチの要素も取り入れた、新しい中華料理が話題で、この新しい中華は「ヌーベルシノワ」と呼ばれています。

「イチリンハナレ」

 

場所は?

 

「イチリンハナレ」さんが店舗を構える場所は、鎌倉駅から徒歩15分。

鎌倉駅から鶴岡八幡宮へと続く小町通りを抜けると、一気に静寂さは増します。

古い日本家屋もこの辺りは多く、凛とした空気の中でお料理が楽しめて素敵です♪

駐車場は?

店舗専用の駐車場はありません、近隣のコインパーキングをご利用下さい。




2013年に「東京チャイニーズ一凛」を築地にオープンさせた、齋藤宏文シェフ。

四川料理の名店「赤坂 四川飯店」でのキャリアを終えたばかりでの事でした。

 

2017年には離れというコンセプトの下、鎌倉の地に姉妹店でもある

「イチリンハナレ」さんを開業させ、増えつつある「ヌーベルシノワ=新しい中華」が堪能できます。

関連記事↓↓↓

 

鎌倉の古民家をリノベーション

 

 

まるで旅館を思わせる様な佇まい、そして長いエントランスは圧巻!訪れるであろう感動へ、期待は膨らむばかりです。お邪魔すると、まずはスタッフさんがお出迎え。

名の如く、凛とした雰囲気・・

お伺いしたこの日、齋藤シェフは最新店舗「テクストゥーラ」さんで腕を振るっておられ、

盟友でもある望月康弘シェフにおもてなし頂きました。

頂いたのはランチコース¥6000+taxの内容です。

ランチのセットリストは見かけない食材も多くて「に つける餃子」とは??

「イチリンハナレ」さんのお料理

 

●五島列島

長崎 五島列島の縞鯵(しまあじ)オクラとマイクロハーブをあしらい、中国黒酢のジュレで頂く一皿です。

 

この縞鯵(しまあじ)は「放血神経締め」という鮮度を保つ為のひと仕事が施されています。

神経締めとは、魚が海でストレスなく泳ぎ回る状態、言わば最も鮮度の良い状態から劣化を防ぐ為の高い技術!

 

五島列島には、この高い技術を持つ職人がおられ、神経締めのお魚を初めて食べる方は、

感じた事のない美味しさに出会えると思います♪

スペシャリテは「よだれ鶏」

 

●丹波 高坂地鶏

「イチリンハナレ」さんのスペシャリテが早くも登場!

少しずつ見かける様になった、よだれ鶏!「思い出す度、よだれが出る」という意味から名付けられたそうですが、白レバーパテをアクセントに、ラー油や中国黒酢をベースにした特製ソ-スに

たっぷり浸して頂きます!

と、ここで・・望月シェフから

 

「ソースはそのまま残して下さい」

 

とのお言葉!これは一体??

 

 

●に つける餃子

破裂寸前の風船の様に、今にも汁が飛び出しそうな焼き餃子がお皿にひとつ。

すると望月シェフから、

 

「餃子を先ほどのよだれ鶏に付けて召し上がって下さい」

 

なるほど!!

ようやく謎が解けました。

 

 

●海老チリ

一般的な海老チリと比べて酸味が少なく、サラッとした卵でとじたソースはまろやかで優しい。

蒸しパンでソースを余すとこなく頂けるのです♪

 

側にある厨房からは、「カランカラン」と中華鍋を振るう音が聞こえています、その時思わずハッとしました。

 

「そう、ここは中華なんだ」

 

そんな錯覚を覚えるくらいです!

 

世間一般に浸透する海老チリを一旦分解、それを「イチリンハナレ」さんの海老チリへと見事に再構築されています。

 

 

●青椒肉絲

イベリコベジョータのプルマ(首から肩の肉)パプリカローストのマリネを添え、青椒肉絲が再構築されています。アクセントの粒胡椒の塩漬けが、イベリコと好相性です。

 

 

●A菜

A菜とは、ロメインレタスに似た青菜だそうで、形がアルファベットの「A」に見える事から、

そう名付けれました。紹興酒で一気に火入れされ、食感と香りを堪能できる一品。

 

セットリスト順では「水蛸」なのですが・・

「イチリンハナレ」さんでは、即座にメニューを差し替えて下さいました!

 

「豆乳は大丈夫ですか?」

 

との問いかけにお応えし、次のお皿!

 

 

●豆乳の酸辣湯

豆乳を使用した事で、角が取れまろやかに仕上がっています♪

冷たすぎず温度は人肌くらい。

 

 

●大葉

大葉のシャーベットはヨーグルトやパインを使用。甘みに加え、程よい酸味が乗っかるデザート。

 

 

●茶菓子

全てのお皿が終わり、心の中で

 

「やっぱり来て良かった!」

 

と心の中で呟きました。

 

それはスタッフさんそしてお客様すべての人たちが、笑顔で溢れる場所に訪れる事ができたからです♪



料理とは、人と人とが共有できる大切なツール。全てを終え、いよいよこの離れを後にする刹那、過ごしたほんの数時間という時が、幾日も経過したかの様な充実感でした!

「イチリンハナレ」さんの予約はこちら

完全予約制

ご自宅配送はこちら→https://yoyaku.at/ichirinhanare_transport

関連ランキング:四川料理 | 鎌倉駅

1人当りの予算と店舗情報

屋号:イチリンハナレ

予算:(昼)6000円〜8000円程度

(夜)10000円〜15000円程度

住所:神奈川県鎌倉市扇ガ谷2-17-6

交通手段:鎌倉駅 徒歩15分

TEL:050-5593-6795

営業時間:ランチ11:30~15:00(LO food 13:00 drink 14:30)

ディナー17:30~22:30(LO food 20:00 drink 22:00)

定休日:不定休




タイトルとURLをコピーしました