名古屋 丸の内 四川飯店で研鑽を積まれた、名古屋を代表する中華料理♪

この記事をシェアする
Pocket

中華の名店「四川飯店」出身の店主が生み出すお料理は

これまでの中華料理のイメージを覆します!

四川料理をベースに和食のテイストも織り交ぜた

名古屋を代表する人気店のコースをご紹介します♪




「明道町 中国菜 一星」

中華料理の名店「四川飯店」

鉄人 陳建一氏の実父である建民氏から続く名店で、

建民氏は麻婆豆腐を生み出した伝説の料理人!

そんなレジェンドとも呼べる「四川飯店」で研鑽を積み、

地元名古屋で独立されたシェフが営む

「明道町 中国菜 一星」さんへお伺いする事ができました。

「明道町 中国菜 一星」さんの雰囲気

住宅地の一軒家をリノベーションした、

古民家風の中華料理店で、

〜ほどよい緊張感と心地よさを感じる空間〜

のコンセプトの通り、

エントランスから心癒される雰囲気があります♪

シェフのご両親も中華料理店を営まれていたそうで、

中華料理の道へ進む事は必然だったのかもしれません。

卒業後の「四川飯店 六本木店」を皮切りに腕を磨かれ、

「明道町 中国菜 一星」さんを開業されたのは2016年。

たちまち話題となり、2019年のミシュランガイドでは、

一つ星を獲得されるまでに!

予約が取れない中華料理店として人気を博しています♪

カウンターが全7席、個室も完備されています。

関連記事↓↓↓

#フードメ/グルメwebマガジン
1970.01.01
#フードメ/グルメwebマガジン
https://foodmation2018.com/2020/03/24/post-1244/

「明道町 中国菜 一星」さんのメニュー

メニューは「¥15000+taxのおまかせコース」のみ。

毎朝市場で仕入れる、地元の旬な食材を中心にコースを組み立て、

和食のエッセンスを取り入れた、創作的なお料理が頂けます♪

「明道町 中国菜 一星」さんのお料理

コースの皮切りでもある「前菜盛り合わせ」で

一気に高揚感に満ち溢れるでしょう。

和食器に彩られ、五感に訴えかける盛り合わせは、

よだれ鶏・三元豚チャーシュー・あん肝紹興酒などなど。

推奨されているアルコールとのマリアージュは、

ミシュランの星を獲得する店舗を中心に頂ける

ラグジュアリービール「メゾン・ロココ」を楽しみました!

富士山の伏流水のみを使用し、

シャープな泡立ちとフルーティーな味わい。

この繊細さは、細かな仕事が施される前菜にはピッタリ♪

この日使用される食材が登場!

シェフの手でどんなお料理になるんだろう・・

そんな純粋なワクワク感がたまらないです。

地元三河の渡り蟹は四川風のタレでシンプルに!

その後餃子のタレにもなります。

もちろんそのままでもジューシー!

モチモチの皮とジュワッと溢れる肉汁が絶品です。

旬の魚介は「鱧」

サクサクした四川パウダーで食感をプラスした一皿は、

鱧の水分量まで計算されたかの様な、ふわっとした仕上がり。

旨味を一段階引き上げる調理が垣間見えます!

中華料理の王道、フカヒレや干し貝柱が登場。

パンチの効いた四川風のお皿だけでなく、優しい味付けのお皿も

織り交ぜる事で、一皿事の印象がより深い物になります。

コースも終盤へと差し掛かり、春巻です。

鮮度バツグンの鰯と、彩りや食感を与える芽ネギ。

そこへカリッと仕上がった生地は無双状態。

シェフも自信たっぷりの一品の様です!

地元 篠島のアカムラサキ雲丹はチリソースと合わせて。

コースのメイン料理とも言える一品は、大分の黒毛和牛!

しゃぶしゃぶにして、坦々麺風のタレに合わせて。



贅沢に一気に頬張ればもう至福の時です♪

シメには麺を投入!

ここから更に追加で麻婆豆腐・炒飯が頂けるのですが、

十分過ぎるほどの満足度です!

料理を楽しむ事の目的、

その一つにその土地の食材を楽しむところにあります。

「明道町 中国菜 一星」さんでは地元の食材に敬意を払い、

魅力を伝えていく・・

東海地区を代表する中華料理店として

その担い手となっている事は間違いないです。

「明道町 中国菜 一星」

「明道町 中国菜 一星」さんへのアクセス

関連ランキング:中華料理 | 丸の内駅浅間町駅国際センター駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:20000円前後

住所:愛知県名古屋市西区幅下2−3−7

交通手段:地下鉄丸の内駅徒歩7分

TEL:050ー5597ー3939

営業時間:18:00〜20:30 18:30〜21:00 19:00 〜21:30

のいずれか。(最初の予約に合わせて時間設定)

定休日:水曜日 他不定休あり




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする