名古屋 大須 カフェ巡りと合わせて訪れたい、洋食名店のハンバーグ!

この記事をシェアする
Pocket

人気カフェが多い、名古屋 大須エリア。

カフェ巡りと合わせて洋食の名店で

ハンバーグランチがオススメです!

昭和から愛される老舗洋食屋のハンバーグを

ご紹介します!




「キッチン トーキョー」

名古屋の下町 大須エリアには、老舗の洋食屋さんが多いです。

「御幸亭」さん「角燈亭」さんが昭和レトロの雰囲気を

現在も尚残した人気店。




「老舗の洋食屋」って、

なんて良い響きだろうと改めて思いました。

なぜひとは、「老舗の洋食屋」に惹かれるのか?

私なりの解釈では、こう考えます。

①時間軸の観点から生まれるレトロ感

②洋食の要であるデミグラスのほろ苦さが、

「老舗」というどこか古めかしい部分とリンクする

名古屋の下町 大須。

多くの老舗が集まる中、新しい文化の発信地でもあり、

新旧が共存する街として人気のエリアです♪

2019年の秋、老舗洋食屋

「キッチン トーキョー」さんが

装いも新たに再スタートを切られています!

創業が昭和35年!!

大須の街を古くから見守り、長年愛され続ける人気店。

以前の様な重厚なイメージからガラリと変わり、

明るい木目調と煉瓦作り。

新しさの中にも老舗の洋食屋という面影が残っていますね!

「キッチン トーキョー」さんと言えば

やっぱりハンバーグが人気!

関連記事↓↓↓

ハンバーグが人気の老舗洋食屋

最もスタンダードな

ハンバーグ定食¥990(税込)を頂いてきました♪

店内を見渡すと、

ご年配の方から学生さんぽい若いお客さんまで、層が広い!!

新旧が共存するとは、まさしくこういう事を言うのでしょうか。

老若男女から愛されるハンバーグ



ジューシーなハンバーグに、

ほろ苦さが心地よいデミグラスソース。

「あ〜これこれ!」

と声に出したくなる様な懐かしい味わいが、

ふとした瞬間に食べたくなったりするものです。

ハンバーグの他にもビーフシチューやカニクリームコロッケ

と言った洋食の王道メニューもオススメです!

「キッチントーキョー」さんは、

ずっと変わらぬ味と、時代の流れに合わせた少しの変化が、

長く支持される要因ではないかと感じます。

「キッチン トーキョー」

「キッチン トーキョー」さんの予約はこちら

関連ランキング:洋食 | 大須観音駅上前津駅矢場町駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:(昼)1000円〜2000円程度

(夜)2000円〜3000円程度

住所:愛知県名古屋市中区大須2−15ー13

交通手段:地下鉄大須観音駅 徒歩10分

TEL:052ー231ー1503

営業時間:(月〜土)11:00〜15:00 17:00〜21:30

(日・祝)11:00〜21:30

定休日:木曜日(祝日又は28日の場合は翌日)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする