小幡 名古屋で美味しいハンバーグを食べるなら、人気洋食店「kitchen俊貴」

¥3,000〜¥6,000
この記事をシェアする
Pocket

街の洋食屋さんと聞くと思い浮かべるのは「ハンバーグ」ではないでしょうか?

名古屋で大人気!予約困難店のハンバーグをご紹介したいと思います!

黒毛和牛を使ったハンバーグの味わい方が個性的で肉好きを満足させるハンバーグです!

 

「kitchen俊貴」

 

場所は?

 

「kitchen俊貴」さんが店舗を構える場所は、名鉄小幡駅が最寄り。地下鉄茶屋ヶ坂駅からもバスが出ています。

駐車場は?

店舗専用の駐車場が店舗前4台、店舗裏に2台あります。

名古屋の大人気洋食店「kitchen俊貴」さん

子供から大人までが愛する国民的メニュー「ハンバーグ

諸説ある様ですが、その歴史は古く18世紀頃。

硬くて食べにくいお肉を、細かく刻み味を整えて頂くという文化が発達し、現在のハンバーグの原型が出来上がったと言われています。

名古屋市千種区の住宅街で、2019年に開業された洋食店「kitchen俊貴」さん。

オーナーシェフ「阿井俊貴」さんは、名古屋の人気洋食店で研鑽を積まれ、腕を磨かれたそうです。

シェフとお客様の距離感も程が良く、洋食店では珍しいカウンター席を導入!

会話を楽しみながら、調理するライブ感を楽しめます。

関連記事↓↓↓

 

シェフとの会話を楽しみながら頂く洋食

 

「kitchen俊貴」さんで必ず楽しみたいのは「ハンバーグ」黒毛和牛100%で作り上げるハンバーグは、基本に忠実に、しかしアイデアが詰まった新感覚ハンバーグ!!

3度の味が楽しめる一番人気のハンバーグ

 


シェフ曰く3度の味が楽しめると言う、エンターテインメント性の高いハンバーグ。

 

①黒毛和牛の旨味をそのまま味わう

②デミグラスソースで味わう

 

そして最後に・・

 

③お塩で味わう

 

フランスでは「フルール・ド・セル」と呼ばれ、フレンチで時々お見かけする「ゲランドの塩」

ほのかな甘みすら感じるこのお塩は、黒毛和牛の旨味をグッと引き出す事ができるのです。

 

TOMIZ cuoca(富澤商店・クオカ)ゲランドの塩(顆粒) / 1kg 塩 海塩

価格:1,163円
(2020/8/19 19:26時点)
感想(0件)

続いての人気メニューは「カニクリームコロッケ」

3時間かけて作るカニクリームコロッケ

 

煮込みに3時間をかけ蟹の旨味を引き出したソースを、サクッとした衣が包み込んでいます。

蟹味噌も隠し味として使用するので、海の香りが口の中いっぱいに♪

そして洋食店のより奥深い部分を感じれる「ビーフシチュー」

1週間近くかけて完成するビーフシチュー

 

牛骨の出汁やトマトペースト、黒毛和牛なども加えて仕上げる至極のシチューは、

なんと1週間近くをかけてようやく完成!!

 

口の中でほどけていく黒毛和牛と、手間暇をかけるからこそ感じる味の奥行き。

どれもが決して妥協をしない、洋食への愛情を感じるお料理ばかりです!

 

「kitchen俊貴」さんはアルコールメニューも充実!あの「ケンゾーエステート」さんのワインが

カジュアルな価格で頂けます!

「kitchen俊貴」さんの魅力とは、洋食の伝統に経緯を払うシェフの姿勢と、

新しい素材や技術を取り入れるという新旧の混同にあるのではないでしょうか!

「kitchen俊貴」さんの予約はこちら

関連ランキング:洋食 | 小幡駅自由ケ丘駅茶屋ケ坂駅

1人当りの予算と店舗情報

屋号:kitchen俊貴

予算:(昼)1000円〜2000円程度

(夜)2000円〜3000円程度

住所:愛知県名古屋市千種区京命1−9−1ホワイトキャッスル千種1−103

交通手段:地下鉄茶屋ヶ坂駅から車で8分

TEL:050ー5596ー9794

営業時間:11:30〜15:00(L.O14:00)

17:30〜22:00(L.O21:00)

定休日:毎週火曜日 月数回不定休




タイトルとURLをコピーしました