名古屋 名駅 本格フレンチの味をカジュアル!駅直結の人気ビストロ♪

この記事をシェアする
Pocket

高級フレンチは少し予算オーバー。

そんな方にオススメしたいのが「ビストロ」です。

テーブルマナーを気にする事なくカジュアルな価格で

楽しめるフレンチ!

名古屋駅直結でアクセスも良い

本格フレンチをカジュアルに楽しめる「ビストロ」が話題です。




「レ・トレフル ドミニク・ブシェ」

名古屋の玄関口「名駅」エリアには

多くの高層ビルが立ち並び、飲食店も多く出店しています。

県外からの観光客やビジネスマンも多い為

名古屋めしの人気店も多い事が特徴です。




ドミニク・ブシェ氏は、

フレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏に

才能を見出され、氏の右腕として腕を磨かれたそうです。

2015年 東京 銀座へ

「ドミニク・ブシェ トーキョー」を開業させ、

ミシュラン2つ星を連続で獲得する名店として

名を馳せています。

そんな名店の味が名古屋で頂けるのをご存知でしょうか?

2019年に、名古屋駅直結のレストランフロアに

「レ・トレフル ドミニク・ブシェ」さんが開業されました。

この投稿をInstagramで見る

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 🍓🌿 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ アラカルトメニューのデセールより  苺のムースとバジルのソルベ。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ フランス産のイチゴを使い 果実味も感じられるように仕上げた品。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ さっぱりとしたバジル香るソルベで 食後のお口直しもご一緒に。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #dominiquebouchet #lestreflesnagoya #restaurant #french #bistrot #poisson #ドミニクブシェ #レトレフル名古屋 #レストラン #フレンチ #ビストロ #名駅 #名駅グルメ #名駅ランチ #名駅ディナー

Les Trèfles DB レ・トレフル DB(@les_trefles_db)がシェアした投稿 –

2つ星フレンチがカジュアルに楽しめる

ここでは「ネオビストロ」というスタイルで、

2つ星フレンチがカジュアルに楽しめると大人気!

ランチタイムは平日限定で¥3200(税込)から

コースで楽しむ事ができます♪

その中身をご紹介!

関連記事↓↓↓

「レ・トレフル ドミニク・ブシェ」さんのお料理

●チーズのシュー生地

●カリフラワーのスープ

スチームした牛乳、アーモンドチップは

食感を与えてくれます。

●鴨肉とフォアグラのテリーヌ

シャンパーニュととっても好相性♪

ピスタチオ・炒め玉葱

広がる鴨とフォアグラの脂がシャンパーニュと

合間って、いよいよ完成形に・・

炒め玉葱の甘みが味のバランスを整えている印象です。

●真鯛

赤ワインのソースで頂きます。

皮目の香ばしさと、ふっくらした身の食感。

キャベツの甘みで旨味のバランスをとっています♪

●鴨肉のコンフィ

フレンチの調理法であるコンフィ。

油の温度を揚げ物より低い温度で加熱する調理法で、

80℃で3時間をかけ火入れを行なっているそうです。

玉葱のお出汁からとったソースと合わせています。

●デザート

ブリオッシュ生地にオレンジシロップを漬け込みました。

金柑を添えています♪

コンフィの後のデザートは柑橘系でスッキリと締めくくりました!

フランスの食文化は日本と比較すると決定的な違いがあるそうです。

例えば新鮮な魚介があったとします。

日本であれば、お造りにして新鮮な魚介を味わおう!

と言う考えに至るのですが、

フランスでは人が食す物を、人が手を加えていかに昇華させていくか。

と言う考えにあるようです。

だからこそフレンチには、先ほどご紹介した

「コンフィ」を始め、「ソテー」「ポワレ」

「エチュベ」「ポシェ」と様々な調理法が存在します。



「レ・トレフル ドミニク・ブシェ」さんでは、

食事と共にフランスの食文化にも触れる事のできる

場所ではないでしょうか。

「レ・トレフル ドミニク・ブシェ」

「レ・トレフル ドミニク・ブシェ」さんの予約はこちら

関連ランキング:ビストロ | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:(昼)3000円〜4000円程度

(夜)6000円〜8000円程度

住所:愛知県名古屋市中村区名駅1−1−4 タワーズプラザ12F

交通手段:名古屋駅直結

web:https://www.lestrefles.jp

TEL:050ー5597ー7298

営業時間:ランチ 11:00〜15:00(L.O14:30)

ディナー コロナウイルス対策の為ホームページをご参照下さい。

定休日:無休




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする