名古屋 森下 紀州備長炭で皮目をパリッと焼き上げる、名古屋を代表するうなぎ丼!

この記事をシェアする
Pocket

「炭火焼き」とは良く聞くけれど、

実際のところ何が違うの??

疑問に思う事ありませんか?

今回ご紹介するのは名古屋を代表する「うなぎ」の専門店。

美味しさの秘密には

炭火でなければならない理由があるのです!


「西本」

今回は名古屋を代表する「うなぎ」の専門店を

ご紹介します!

まずは炭火が何故、美味しさの付加価値となるのか?

ここから簡単にご説明します。

身近なところですと、

焼き鳥屋さんで「炭火で焼き上げました!」

なんて文字を目にするだけで、

美味しそうなイメージ沸きますね♪

炭火のメリット①「遠赤外線効果」

ガスコンロとは違い、

炭火は距離を置いた場所からでも熱が加わります。

食材を包み込む様に、

中心部までじっくり熱が入るのです。

そして余分な水分が出ない為、スッキリとした仕上がりに!

これが食材の旨味をより引き出し、

ふわっとした食感に繋がるのです♪

炭火のメリット②「香りの香ばしさ」

炭火で焼き上げると、独特な香りがあります。

燻製されたかの様な味わいに仕上がり、

旨味を更に引き出すのです。

炭火の知識を少し携えて頂いたところで、

今回は名古屋 東区にある鰻の名店「西本」さんをご紹介。

名古屋を代表するうなぎ専門店「西本」

県外からも多くの美食家達が足を運ぶ人気店!

営業はランチが11:00〜

ディナーが17:00〜 無くなり次第終了なので

出来る限り早い時間のお伺いをオススメします。

全国から厳選した鰻を使用し、紀州備長炭を使った

卓越した焼きの技術が堪能できます。

窓から眺める事のできる見事な中庭の景色が、

格式の高さを感じれますね♪

「西本」さんのメニュー

「小丼」¥2000(税込)

「ひつまぶし」¥3700(税込)

鰻の味わいをダイレクトに楽しめる

「うなぎ丼 ¥2600(税込)」を楽しみます。

「うなぎ」の東西での焼き方の違い

うなぎの焼き方は東と西で大きく異なり、

東は焼きの工程の前に蒸しの作業があります。

一方西は蒸しの工程がなく、表面をパリッと焼き上げるのが特徴!

名古屋では西の焼きで頂くのが一般的。

「表面はパリッ、中はふわッ。」

この塩梅がとにかく絶妙!!

他にも「肝焼き」が絶品です。

この黒々とした焼き上がりが既に美味しそう笑

パリッとした食感がお酒のアテに最高なんです♪


最寄駅が少し遠いところにある為、

お店側にある専用駐車場を利用して、

お車でのお伺いをオススメします。

「西本」

「西本」さんへのアクセス

関連ランキング:うなぎ | 森下駅尼ケ坂駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:2000円〜3000円程度

住所:愛知県名古屋市東区山口町16−14

交通手段:名鉄瀬戸線森下駅 徒歩約10分

TEL:052ー936ー0646

営業時間:11:00〜14:00

17:00〜20:00

定休日:日曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする