名古屋 名駅 コスパ最高!赤酢のシャリで握る、カジュアルな立ち食い鮨♪

この記事をシェアする
Pocket

お鮨の世界ではいま「赤酢」がブーム!

本格的なお鮨では予算が高くても、

立ち食いなら予算は何と1000円台♪

名古屋駅から直結の人気立ち食い鮨は、

赤酢を使った江戸前鮨が楽しめ人気です。



「築地 男前鮨」

名古屋の玄関口「名駅エリア」

現在では「名駅摩天楼」と呼ばれる程、

多くの高層ビルが立ち並ぶ様になりました。

JRゲートタワー内には「日本一高い場所にあるスタバ」

があったり、ミッドランドスクエアは高さがなんと247m!

屋上展望室からは絶景が広がっています♪

名古屋駅直結の「大名古屋ビルヂング」もそのひとつ!

古くから名古屋駅前のシンボルだったのですが、

建て替えが行われた事で、

レストランフロアもバラエティ豊かになった印象です♪

フロア内にある「チャーリーズ」さんは

付近のOLさんで大人気!

カフェ&グロッサリーと言う名古屋では珍しいスタイルで、

地元の名店のパンやスイーツを販売されています♪

そして今回ご紹介するお店は

「築地 男前鮨」さん。

本格江戸前鮨が立ち食いスタイルで楽しめる

「築地青空」さん初の立ち食い鮨専門店で、

同じレストランフロアには系列の「築地青空三代目」さんも

店舗を構えられています。

本格江戸前鮨が手軽に楽しめると話題で、

仕事のお昼休みにサクッと利用できるカジュアルさが人気!

ランチタイムは2パターンあり、

追加で単品オーダーも可能です♪

●昼鮨7貫 ¥1386(税込)

●昼鮨10貫 ¥1980(税込)

昼鮨7貫+単品オーダーで楽しんできました!

赤酢のシャリで握る江戸前風のお鮨

●桜〆サーモン

●いさき昆布〆

●真鯵

テンポ良く職人さんが握って下さいますが、

シャリが色づいているのが分かりますか?

これが「築地 男前鮨」さん最大の特徴で、

シャリに一般的な白酢ではなく「赤酢」を使っています!

最近ではこの「赤酢がトレンドになっていますが、

実際は江戸時代から使われていた伝統的なお酢。

酒粕を原料とする「赤酢」は白酢に比べ、

香りが強く、まろやかな味わい♪

魚介の旨味を際立たせるメリットがある様です!

●赤海老

●男前赤身

人気の男前赤身はトロと2層になっていて、

味の変化が楽しめます。

赤身は江戸前鮨の伝統的な技法である「漬け」

赤酢との相性も抜群です!

●鰆炙り

気になる握りを追加で頂く事に!

●カンパチ漬け(追加オーダー)

●穴子(追加オーダー)

●玉ねぎトロ手巻き



本格江戸前鮨がファストフード感覚で味わえる!

この気軽さが連日行列をつくっています。

握り以外に一品料理もご用意されているので、

アルコールと合わせて楽しめますよ♪

「築地 男前鮨」

「築地 男前鮨」さんへのアクセス

関連ランキング:立ち食い寿司 | 名鉄名古屋駅名古屋駅近鉄名古屋駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:1000円〜2000円程度

住所:愛知県名古屋市中村区名駅3ー28ー12

交通手段:名古屋駅直結

TEL:050ー5456ー8858

営業時間:11:00〜14:30(L.O14:30)

17:00〜22:00(L.O22:00)

定休日:無休

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする