名古屋 新栄 お出汁にこだわるお料理!カジュアルな価格で楽しむ本格和食♪

この記事をシェアする
Pocket

削りたての鰹節で、香り高いお出汁を楽しんでみませんか?

名古屋 新栄にある和食店はでは、

カジュアルな価格設定で本格和食が楽しめるので、

とってもオススメです!


 

「乙味あさ井」

2019年12月に開業された

「乙味あさ井」さんをご紹介したいと思います。

国内の厳選素材を使用され、

和食の伝統的な技法を取り入れたお料理が、

カジュアルに楽しめると話題に♪

ご夫婦で営まれるアットホームな雰囲気で、

店内へ入ると女将さんがお出迎え。

和食の伝統的な調理はやはり「お出汁」

「乙味あさ井」さんでは削りたての鰹節に拘られており、

削りたての本枯節と荒節でとる一番出汁が頂けます。

削りたての一番出汁にこだわるお料理

2種の鰹をブレンドする事で、

香りや旨味により広がりを持たせているそうです♪

お伺いさせて頂いた3月は、

鮎魚女(あいなめ)や新筍をお椀で頂く事ができました!

「乙味あさ井」さんではコースの価格帯も幅広く、

夜は¥6500(税抜)〜¥10000(税抜)

カジュアルな価格設定。

今回は¥6500(税抜)の丙コースを

ご紹介させて頂きます。

カジュアルな価格設定のコース料理

春の息吹を感じるような盛り合わせです!

山菜にはからすみパウダーを施し、

名物だという卵黄味噌漬けやシャコを織り交ぜました。

菜の花畑を連想させるような

季節感ある一品目で期待が高まります♪

鮮やかなお造り盛り合わせ!

一つ一つに仕事が施され、

牡丹海老や鰆、赤身を自家製の造り醤油で。

揚物は北海道産の大穴子。

アクセントの粒山椒に牛蒡のすり流し。

粒山椒と表面の香ばしさで力強さを感じつつ、

後からふわっとした穴子の食感やすり流しの優しさへと変化。

シンプルさの中にも、ストーリー性ある一皿へ仕上がっています。



メインのお肉は

地元愛知の「三河源氏和牛」

低温でローストされ、

春を感じる蕗の薹や玉葱のすり流しは、

赤身の旨味を邪魔させない、程の良さを演出。

そして・・

「乙味あさ井」さんの特徴と言える本格手打ち蕎麦!

コースのシメは本格手打ち蕎麦

福井県産の在来種を使用された

香り高い十割蕎麦。

大将がお蕎麦のキャリアもお持ちのようで、

コースのシメで頂く蕎麦は格別です♪

居酒屋と本格割烹の間を行く

カジュアルな和食は「間店」とも呼ばれ、

そのパフォーマンスが魅力です。

夜はアラカルトでもご対応頂けるそうで、

豊富な日本酒やワインと共に

少しずつ味わえるのも嬉しいです。

「乙味あさ井」

「乙味あさ井」さんへのアクセス

関連ランキング:割烹・小料理 | 新栄町駅高岳駅栄町駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:(昼)5000円〜6000円程度

(夜)8000円〜10000円程度

住所:愛知県名古屋市中区新栄1−5−6 メイトウスタービル2A

交通手段:地下鉄新栄町駅 徒歩5分

TEL:050ー5456ー2293

営業時間:11:30〜(最終入店13:00)

18:00〜(最終入店22:30)

定休日:日曜日 不定休あり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする