京都 神宮丸太町 日本の食材をふんだんに使った、京都を代表するイタリアン♪

この記事をシェアする
Pocket

和食のイメージが強い京都ですが、

実は洋食の名店がとっても多いんです!

京都 平安神宮近くのイタリアンは、

日本の食材をふんだんに使ったお料理が頂けて、

京都を代表するイタリアンとして人気です♪



「cenci」

京都 神宮丸太町の日本家屋をリノベーションして、

重厚感のある店内が印象的な「cenciチェンチ」さん。

京都を代表するイタリアンでシェフを務める

坂本健氏は、「イル ギオットーネ」さんで長年研鑽を積まれ、

2014年にここを開業されました!

関連記事↓↓↓

平安神宮近くの人気イタリアン

この日はロームシアター内の蔦屋書店で午前を過ごした後、

ランチでお伺いしました。

頂いたのは平日限定の¥6000ランチコース。

この内容に沿ってご紹介したいと思います♪

日本の食材を豊富に織り交ぜたイタリアン

蟹が主役の前菜は、

シュー生地でワンハンドグルメに♪

アボカドやそら豆の緑が春の訪れを感じさせ、

少しスパイシーな味わいはスパークリングワインと好相性です。

彩りや食感など五感に訴えかけるお料理

“コシビ”という鮪の幼魚、

表面を少し炙って香り高く仕上げています。

ソースはヘーゼルナッツ・高菜・マスタード。

菜の花や菊芋で彩りをプラスし、松の実で食感も楽しめます♪

和食のお椀をイメージする様な一品は、

鳥取産の「ととりこ黒豚」が主役。

イベリコ豚と同じどんぐりを飼料として育った

ブランド豚で、強い旨味が特徴的。

そこに花山葵やトマト、玄米を加えて完成。

彩りや盛り付けまで、とっても繊細ですね!

【ふるさと納税】 ととりこ黒豚モモ切落とし

価格:10,000円
(2020/8/14 15:44時点)
感想(0件)

パスタは山菜や原木椎茸、

自家製のカラスミがアクセントとなっています。

菜の花畑が頭の中で思い描かれる様な美しさ♪

見事に日本の食材をイタリアンへ昇華させています!

メインのお料理はホロホロ鳥。

炭火で旨味が引き出され、ソースはふきのとうのクリームソース。

葉玉葱とプチヴェール(芽キャベツに近い)は

火入れをそれぞれ変えていて、細かなお仕事が嬉しいです♪

日本の食材はデザートにまで散りばめられ、

愛媛産の柑橘を3種合わせたプチデザート、

滋賀さちのかを使ったメインデザートへと続きます。



日本の食材同士が決して喧嘩する事なく、

彩り・食感、そして旨味を見事に高め合っているのです♪

そこに京都イタリアンの「ひとつの形」を垣間見たのです。

「cenci」

「cenci」さんへのアクセス

関連ランキング:イタリアン | 神宮丸太町駅東山駅三条京阪駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:(昼)6000円〜8000円程度

(夜)10000円〜15000円程度

住所:京都府京都市左京区聖護院円頓美町44−7

交通手段:神宮丸太町駅 徒歩12分

TEL:075ー708ー5307

営業時間:12:00〜15:00(L.O12:30)

18:00〜23:00(L.O20:00)

定休日:月曜日 月2回日曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする