京都 丸太町 ミシュラン一つ星を獲得した人気和食店の、絶品シメごはん♪

この記事をシェアする
Pocket

和食・洋食とジャンルに限らず、

コースには最後の「シメ」が存在します。

シメご飯にシメラーメン、うどんに雑炊・・

楽しみ方も様々ですね!

京都 丸太町で人気の和食店では、

バラエティ豊かなシメのご飯が頂け、

コースのハイライトにもなり得るパフォーマンスです♪



「木山」

コース料理の最大の魅力は、

そのお店のスペシャリテ(オススメ料理)や、

前菜から始まり、メイン料理、デザートまでの

一連の流れを、まるで一本の映画のストーリーの様に

楽しめるところです♪

京都 丸太町、通称”御所南エリア”

人気和食店「木山」さん。

大将は京都和食の老舗である「和久傳」さんで

長年研鑽を積まれています。

伝統的な和食の技法を取り入れる店舗が

少なくなっている現在(いま)だからこそ、

基本に忠実に、

削りたての鰹節からひく一番出汁にこだわられています♪

関連記事↓↓↓

お出汁にこだわりを見せる和食店

お出汁に強いこだわりを持たれている「木山」さんでは

3種の削り節を絶妙にブレンドし1番出汁を

お客様の目の前でひく。

コースのシメもとにかく凄い!

季節の食材を使ったシメのご飯が常時4〜5種類、

その内容がとにかく豪華なんです♪

※コースによって内容が変わります

高級食材を贅沢に使用した究極のシメごはん

●京都牛のサーロイン玉締め

贅沢にサーロインをしゃぶしゃぶにし、

卵と合わせて頂く絶品の卵かけご飯

とびきりレアな赤身と卵は、口の中で幸せいっぱいに♪

●白子の玉締め

敢えてフライにする事で、

より卵との相性が高まりますね!

●お雑魚ご飯



卵の「プルン」という

擬音が聞こえてきそうな一枚!

「木山」さんの定番お雑魚ご飯は、

京都和食のシメに相応しいですね。

●まぐろの漬け丼

魚介を生で頂く文化は日本独自のものです。

その中でお醤油文化が発達した江戸の街では、

保存性を高める為に、「漬け」と言う技法が発展しました。

食欲が掻き立てられる鮮やかな赤身と、

八代の青海苔が絶妙なコントラストを生み出しています。

●鮎茶漬け

夏から秋にかけては、

さっぱりと鮎茶漬けを頂く事ができます!

●牡蠣茶漬け

冬場へ入るとお次は牡蠣茶漬けで

さっぱりと!



「木山」さんではコース全体だけでなく、

シメごはんだけでも起承転結が感じられる内容です。

「木山」

「木山」さんへのアクセス

関連ランキング:懐石・会席料理 | 丸太町駅(京都市営)烏丸御池駅京都市役所前駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:(昼)10000円〜15000円程度

(夜)20000円〜30000円程度

住所:京都府京都市中京区絹屋町136 ヴェルドール御所1F

交通手段:地下鉄丸太町駅 徒歩5分

TEL:075ー256ー4460

営業時間:12:00〜13:30(入店)

18:00〜19:30(入店)

定休日:不定休

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする