金沢 東山 ひがし茶屋街で、明治創業の老舗洋食店のオムライスを堪能♪

この記事をシェアする
Pocket

日本に洋食文化が入ってきたのは明治時代の事。

その代表格とも言えるのが、

「オムライス」

金沢 ひがし茶屋街で頂けるオムライスは、

古くからの伝統が確実に受け継がれています。


「自由軒」

金沢は戦時中に空襲被害を受けなかった事から、

古くからの町家が今も尚残されています。

金沢には3つの代表的な茶屋街が存在し、

「ひがし茶屋街」「主計町茶屋街」「にし茶屋街」が有名。

中でも人気を誇るのが「ひがし茶屋街」です!

「重要伝統的建造物保存地区」に指定され、

明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残されています♪

時を同じくして、創業された一軒の洋食店。

ひがし茶屋街で行列のできる洋食屋

レトロな外観は町家が立ち並ぶ茶屋街で、一際存在感を増します。

その名も「自由軒」さん。

お伺いしたのが日曜で、ランチタイムは外まで行列が!

中から聞こえる「カタカタ」

と鍋を振るう音に食欲が掻き立てられそうです♪

クラシックなショーケースには、

洋食屋の王道メニュー「ビーフシチュー」「ハヤシライス」

「オムライス」が飾られていました!

地元金沢やその近郊の食材にこだわり、

特性ドミグラスソースやベシャメルソースは、

創業以来の長い歴史でそのまま受け継がれてきたもの!

その中でも今回は、

人気No.1だと言う「オムライス」にスポットを当ててみます♪

「自由軒」さんのオムライスはとにかく個性が強い!

一般的なオムライスは、

ケチャップライスに卵が包まれていますが、

「自由軒」さんでは、そもそもケチャップライスではなさそうです。

個性的なオムライスが人気

分かりますか?

茶色のご飯!

醤油ベース味のご飯で、

牛肉と豚肉を醤油ベースのソースでじっくり煮込んだものと

合わせて炒めているのです。

ほのかな甘みとほろ苦さがクラシックな

イメージをより強くしてくれるようでした♪



週末は特に混み合う為、平日でのお伺いを

オススメします!

「自由軒」

「自由軒」さんへのアクセス

関連ランキング:洋食 | 北鉄金沢駅七ツ屋駅金沢駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:1000円~2000円程度

住所:石川県金沢市東山1−6−6

交通手段:金沢駅からバス 橋場町バス停から徒歩約7分

TEL:076ー252ー1996

営業時間:(月〜金)11:30〜15:00L.O

17:00〜21:00L.O

(土・日・祝)11:30〜15:00L.O

16:30〜21:00L.O

定休日:火曜 第3月曜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする