京都 祇園 カジュアルな京料理店で頂ける、絶品の”こっぺがに”とは?

この記事をシェアする
Pocket

冬の味覚の代表格と言えば”蟹”ですね!

とは言え”蟹”にもたくさん種類がありますが、

京都で出会ったあまり聞き慣れない

「こっぺがに」についてご紹介致します♪


 

「わしょく宝来」

京都 知恩院前の大人気店「わしょく宝来」さん。

祇園からも徒歩圏内という絶好の立地にありながら、

カジュアルな価格で京料理を味わう事ができます♪

関連記事↓↓↓

正面に掲げられた大きな黒板には

本日のお品書きが!

「わしょく宝来」さんのシンボルとも言えるお品書きは

大将の奥様による物なのだそう。

このお品書きをはじめに見渡し、

その日オーダーしたいお料理を大きく頭の中でイメージ・・

それを自分のオリジナルでコースに組み立てていくのが、

楽しみの一つ♪

冬に旬を迎える食材は多く、

この日も蟹や牡蠣、河豚といったラインナップでした!

アラカルトで季節の食材が楽しめる

鰆も春の魚と書きますが、

秋から冬にかけては脂の乗りが最高!

口の中の温度で、旨みたっぷりの脂が溶けていきます。

そしてお品書きを見渡すと”こっぺがに”という

少し見慣れない文字が・・

こっぺ?

かに??

ここで蟹について少しおさらいを!!

蟹は大きく分けると

●ズワイ蟹

●タラバ蟹

●渡り蟹

●毛蟹

などに分類されます。

ここまでは良く耳にするのではないでしょうか!

ダイレクトに蟹の美味しさを味わうなら、

”ズワイ蟹”がオススメです。

”渡り蟹”はイタリアンで良くお見かけしますが、

その理由の一つに渡り蟹の殻から旨みが強く出る為、

蟹のパスタにピッタリだから♪

ズワイ蟹の代表と言えば”越前蟹”

これは福井県の越前・三国・小浜などで獲れるズワイ蟹で、

黄色いタグを付けて市場で分類されています。

他では”松葉蟹”

これは主に福井よりも西側、京都から山陰地方の日本海沿岸

獲れるズワイ蟹を指します。

この松葉蟹は卵を携えたメス蟹も人気で、

”香箱蟹” ”セイコ蟹”などと地方で呼び名が変わるのです!

それが京都府になると“こっぺがに”となるのです。

秋から冬にかけて楽しめる「こっぺがに」が人気



※季節限定です

京都人にはとっても馴染みがあるのですが、

県外からお目にかかると何だか新鮮!

京都に来たんだなぁ・・

と感慨深くなったりするのです。

旅の醍醐味を感じますね♪

「わしょく宝来」

「わしょく宝来」さんへのアクセス

関連ランキング:割烹・小料理 | 東山駅三条京阪駅祇園四条駅

1人当りの予算と店舗情報

予算;8000円〜10000円程度

住所:京都府京都市東山区東大路通新橋上ル林下町438

交通手段:地下鉄東山駅 徒歩約8分

TEL:075ー561ー2834

営業時間:17:00〜23:00(L.O22:00)

定休日:日曜・月2回不定休

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする