京都 祇園 美味しい土鍋ごはん♪コース形式で楽しめる最高の朝食!

この記事をシェアする
Pocket

日本人の朝食と言えば、

やっぱり白米とお味噌汁!

朝は時間が限られてパン派のあなたも、

実はお米に憧れていませんか?

京都の祇園では”お米”の魅力を再発見できる

最高の朝食が頂けます♪



「朝食 喜心」

「日本の朝食」の新しい体験ができる、

祇園の人気店「朝食 喜心」さんをご紹介します。

名店「草喰なかひがし」さんの三男が料理を監修!

これだけでもかなりの期待値です!

海外からの観光客も予約をして訪れる程人気店で

食事だけでなく、日本の文化に触れられる貴重な朝食専門店。

お料理はコース形式で¥2500+tax

更に一品料理を追加する事も可能です。

コース形式で進んでいく贅沢な朝食

●向付

御所南にある専門店の汲み上げ湯葉を、

お塩とオリーブオイルで!

●一飯一汁

この中から自分が好む器をチョイスします♪

香川の作家さんの作品で、

海外のお客様にも喜ばれそうなサービス!

すると、ご飯が炊き上がりました!

お米は土鍋で炊き上げ際立つ旨味

お米を美味しく炊く秘訣は、温度管理がとっても重要。

土鍋の特性である熱伝導率の低さや、

保温性の高さがお米の旨み成分を引き出してくれるんですね〜。

いろいろと勉強になります!

お米のアルデンテ「煮えばな」が楽しめる

●煮えばな

一膳目に頂ける煮えばな

あまり聞きなれないワードですが、

これはお米がご飯に変わった瞬間の状態。

パスタで言うアルデンテの様な感覚です。

香りや食感が素晴らしく、

見た目の派手さはないですが、

日本の食文化の奥の奥を覗き込んだ様です♪

京都の食文化に触れられる

●御膳



京白味噌の豚汁、うるめイワシの丸干し、

ちりめん山椒(追加オーダー)お漬物。

豚汁には揚げた賀茂茄子、熟成豚、賀茂茄子の皮を素揚げしたもの、

茗荷、そしてアクセントの和辛子。

白味噌文化の京都でなければお目にかかれない一品で、

寒い冬の朝に沁み渡る!!

シメは最高の卵かけご飯で

シメは契約農園さんの卵(追加オーダー)卵かけご飯

もう有難すぎて、お米は残さず頂かなきゃ。

●おこげ

少しお塩を振って頂きます♪

朝食としては少しお高い印象ですが

スタッフさんの温かなサービスや

コースの合間でのパフォーマンスに大満足♪

そしてお料理は文句の付けようがありません!

京都観光で祇園の朝食から1日がスタートしていくなんて、

素敵じゃないですか?

「朝食 喜心」

「朝食 喜心」さんへのアクセス

関連ランキング:レストラン(その他) | 祇園四条駅京都河原町駅三条京阪駅

1人当りの予算と店舗情報

予算:2000円〜3000円程度

住所:京都府京都市東山区小松町555 花とうろホテル祇園1F

交通手段:祇園四条駅 徒歩約5分

TEL:075ー525ー8500

営業時間:7:30〜14:50(L.O13:30)

定休日:木曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする