東京 麻布十番 デートにピッタリなオシャレな店内!お鮨と和食を楽しんで♪

この記事をシェアする
Pocket

老舗から新しいお店まで、幅広いジャンルの名店が集まる

麻布十番エリア。

徒歩圏内の六本木の華やかさとは違って

隠れ家が多い事も魅力のひとつ♪

今回は地下のオシャレ空間で頂ける和食を

コンセプトとしたお店のご紹介です!


「eat麻布十番」

「eat麻布十番」さんのコンセプト

「eat 麻布十番」さんは、オープンが2016年。

「食幹」を展開しているディスカバリーグループの

新たな系列店で、お店のコンセプトは

~鮨と和食をもっと身近に~

産地にこだわり、全国から厳選食材が集まってきます。

まず圧倒させられるのは、

”地下に広がる異空間”とも言えるオシャレな店内!

キッチンを囲んだフロア全体の一体感は圧巻!

この空間にいるだけで、ワクワクするんですよね♪

早速お料理をご紹介していきます。

「eat麻布十番」さんの逸品料理

●ふくませ煮 聖護院大根と海老芋

”ふくませ煮”とは、言わばおでんのようなものです。

やさしいお出汁で頂く食材2種、

海老芋は関西で見かける事の多い食材で、

里芋の一種で海老のように湾曲した形をしている事から

そう名付けられたそう。

クリーミーな旨みがあります。

●陸前高田産 生牡蠣

東北からの厳選素材をダイレクトに味わいます!

写真以上に大ぶりな生牡蠣はシャンパーニュと好相性♪

●極上毛ガニの蟹味噌ジュレがげ

夏場に頂いた一品です。

蟹の旨みを味わいながら、

酸味のきいたジュレが夏らしさを感じ、

甘みをより際立たせます。

●活〆ハモ梅肉添え

夏場になると鱧が出回りはじめ、

酸味を欲する夏場である事から

梅肉と合わせるのがスタンダードですね!

●宇和島産 ボラメの唐揚げ

あまり聞きなれない”ボラメ”

四国からの厳選素材です。

ボラメは愛媛県宇和島地方での呼び名で、

エソという魚の稚魚でもあり、都心で見かける事は滅多にないそうです!

●下関産 寒サワラ塩焼き

本州最西端「下関」からの厳選素材。

パリッと仕上げた皮目と、

身の柔らかさをしっかり再現。

「eat麻布十番」さんのお鮨

●対馬産 のど黒

白身の王様のど黒は、脂乗りがよくお塩で。

表面は若干炙る事で、更に旨みを引き出しています!

●大間産 中トロ

大メジャーな本マグロの産地「大間」

身の柔らかさ、程よい脂と強い旨みがあり絶品です。

●対馬産 極上煮穴子

食感すら感じない程、ふわっと解けて行きます・・


素材ごとに産地の表記がされ、

付加価値でもあり安心感を与えてくれますね。

六本木から程近い麻布十番エリア。

まだまだ奥が深そうです!

「eat麻布十番」

「eat麻布十番」さんへのアクセス

関連ランキング:寿司 | 麻布十番駅六本木駅赤羽橋駅

1人当りの予算と店舗情報

住所:東京都港区麻布十番1-6-3 テラス麻布十番B1F

交通手段:麻布十番駅 徒歩3分

TEL:03-6804-2233

営業時間:ランチ12:00~15:00(LO14:00)

ディナー17:30~23:30(LO22:30)

定休日:無し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Amy より:

    I visited many web sites except the audio quality for audio songs present
    at this web page is really marvelous. Its like you read my mind!
    You appear to grasp so much approximately this, such as you wrote the guide in it or something.
    I think that you just could do with some % to pressure the message house a bit,
    but instead of that, that is wonderful blog. A fantastic read.
    I will definitely be back. Ahaa, its pleasant dialogue concerning this article
    at this place at this blog, I have read all that, so now me also commenting here.
    http://aoc.com/